専業主婦でも内緒で即日借り入れしたい人の欲求の満たし方

今月の家計が厳しい…
子どもの塾代どうしよう…
旦那に飲み会代渡さなきゃ…
また貯金を削らなきゃいけない…

家計を管理している専業主婦には、こうしたお金の悩みが毎月のようにやってきます。空いた時間に働きに出るという解決策もあるでしょうが、子供が小さい家庭ではそうもいきませんよね。
また、こうした状況では、自分へのご褒美だって買ってあげられないでしょう。こうした専業主婦の中には、カードローンを上手く活用している人もいます。

どれくらいの専業主婦がカードローンを使っているの?

専業主婦って当たり前ですけど、収入がないですよね?そんな状況で実際にお金を借りている人っているのでしょうか?

意外に思われるかもしれまんが、専業主婦は3番目にカードローンを借りているのです。

やっぱり専業主婦はお金に困っている

専業主婦で、お金に困っている人はたくさんいます。生活費を担保したい!趣味を充実させたい!など、やっぱり専業主婦だからこそ、思うところってたくさんありますよね?

もちろん、お金を借りずに済むのであれば、それに越したことはないですが、働くことができない以上、場合によってはカードローンやキャッシングを頼ってみても良いかもしれません。

専業主婦は消費者金融での借り入れが難しい!

専業主婦は消費者金融から、ローンやキャッシングでの借り入れが困難であるとされています。

それは、専業主婦が基本的に安定した収入を得ていないためです。

無担保で貸し付けを行う貸金業者は、基本的に利用者本人の返済能力を信用して融資を行っています。

消費者金融は審査で利用者の返済能力を計る

貸金業者にキャッシングを申し込むと、必ず審査が行われます。それは銀行であろうが消費者金融であろうが関係ありません。

では貸金業者はこの審査で何を計っているのでしょうか。それは、利用者の返済能力です。
カードローンは無担保で貸し付けを行う金融商品です。その代わり貸金業者は利用者の返済能力を信用して融資を行います。

そのため貸金業者は契約前の審査の時点で利用者の返済能力を確かめるしかありません。

総量規制が大きな壁になる

消費者金融は総量規制の影響を受けます。総量規制とは利用者が返済能力を超えた借り入れをしないように定められたルールで、これにより消費者金融は消費者の年収の1/3を超えた融資ができなくなっています。
つまり、専業主婦は本人に収入が無いために、消費者金融の審査を受けることすらできません。

しかし、旦那が収入を得ている専業主婦には、実質的には「継続的な返済を行う能力がある」と言えます。そのため、特定の条件を満たせば消費者金融を利用できるのです。

リスクを伴う”配偶者貸付”

個人的な所得がない専業主婦でも、配偶者貸付という制度を利用すれば、消費者金融のカードローンを利用できます。これは専業主婦/主夫が消費者金融を利用する、唯一の手段です。
もちろん、自分で働いている人と違い、配偶者貸付を利用したキャッシングにはいくつかのハードルと制限があります。

配偶者貸付とは
配偶者貸付とは、仕事をしていない専業主婦/主夫が消費者金融を利用するための制度である。【利用条件】
☑配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類を提出する
☑配偶者の年収を証明する書類を提出する

【利用制限】
☑配偶者が借入をしている場合、その金額と合算した借入金額が、配偶者の年収の1/3を超えてはいけない
参考:日本貸金業協会

注目すべきは、配偶者の「同意書」が必要な点です。つまり、専業主婦は旦那に内緒で消費者金融を利用することができない、ということになります。
また、同意書を用意するのに数日以上かかるので、即日融資は基本的にできません。

そもそも、大手の消費者金融はあまり配偶者貸付を行っていないので、メジャーな借入方法とは言えないでしょう。

最もオススメなのは銀行カードローンの利用

安心してカードローンを利用したいなら、配偶者貸付よりも銀行カードローンに申し込むのが現実的でしょう。というのも、銀行は総量規制の影響を受けないので、返済能力を証明できれば専業主婦でも借入できるのです。
利用条件に「専業主婦は利用不可」とある銀行カードローンもありますが、ほとんどの場合で申込みができます。

旦那に一定の収入があればOK

本人に収入が無い専業主婦でも、旦那(配偶者)に一定の収入があれば問題なく審査を受けられます。そして、審査の過程では、その旦那の収入証明書を提出する必要がある場合があります。

ただ、中にはそういった収入証明書を提示することも無く、低い限度額に設定するなら借入ができるという現行系のカードローンも存在しています。

銀行カードローンなら旦那の同意書も不要

配偶者貸付は旦那に内緒で利用できない制度ですが、銀行カードローンは違います。総量規制が関係ないので、わざわざ同意書を提出する必要がないのです。
しかし、カードローンについて少しでも調べた専業主婦なら、在籍確認についても不安ではないでしょうか?実は、この点についても専業主婦なら安心してカードローンに申込めます。

旦那に対しては基本的にバレることはない!

しかし、専業主婦がローンやキャッシングを申し込んだ場合、基本的に旦那に対して在籍確認がなされることはありません。

専業主婦が生活できている以上、旦那の収入はある程度安定していると見なされるので、在籍確認を行う必要が無いのです。

特に楽天銀行スーパーローンなら、限度額が50万円までしか設定できないかわりに収入証明書の提出が不要になっています。
旦那に収入証明書を用意してもらう必要が無いなら、こっそり内緒で借り入れできる可能性は非常に高いと言えるでしょう。

即日融資を受けたいなら注意点がある!

専業主婦の方はそもそもローンを組んだりキャッシングしたりするのが難しいものです。銀行であれば専業主婦でも借りられる金融商品もありますが、そこにはひとつ欠点があります。

銀行の審査というものは、総じて時間が掛かってしまうものなのです。
つまり即日でローンを組んだりキャッシングをしたり、申し込んだその日に借り入れをするのは非常に難しいと言えるでしょう。

手持ちの銀行口座から逆算して申し込み先を決める!

即日で銀行カードローンを利用するためには、初回の借入を銀行振込で行う必要があります。ほとんどの銀行には、ローンカードを即日発行するシステムが無いからです。

そのため、申し込み先は「自分が振込融資を受けやすいカードローン」にしなくてはいけません。具体的には、自分が利用している銀行口座から逆算して、申し込み先を決定しましょう。

じぶん銀行口座を持っているならじぶんローン、楽天銀行口座を持っているなら楽天銀行スーパーローン、といった具合です。

必要書類の準備を忘れずに!

審査そのものにかかる時間は、利用者側からどうこうできる問題ではありません。
しかし提出が必要な書類に不備があっては、その時点で一定の時間ロスが生まれてしまいます。

即日でローンを組むなら、申し込んだその日にキャッシングしたいなら、必要書類は予めしっかり準備しておきましょう。

どの銀行に申込んだとしても、本人確認書類(免許証や保険証、パスポートなど)は必ず提出が必要になります。収入証明書は基本的に不要ですが、身分証明書は必ず用意しておいてください。

まとめ:専業主婦でも内緒で即日借り入れしたい場合は準備万端で銀行に申込!

専業主婦でもローンを組みたい、キャッシングしたい。しかし収入が無い専業主婦の借り入れが難しいというのは事実です。

それでも銀行であれば、専業主婦でも借りられる金融商品があります。即日融資は銀行で借り入れをする以上少し難しくなりますが、申し込みがスムーズになるよう準備はできます。
専業主婦だけど内緒でこっそり即日借り入れしたい、そういう場合は何よりも事前の準備が重要になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です